タクシー日記

南タクシー株式会社

  • 南タクシー株式会社
  • 南タクシー株式会社

ライドシェア他、気になる話題

ライドシェア他、気になる話題

  • 2023/11/08
  • 社長ブログ

日頃のタクシーのご愛顧誠に有難う御座います。

ライドシェア(一般の方が自家用車を使って有償で
旅客運送を行う)については岸田首相も「検討
してまいります」と言及しました。首相はよく検討
という言葉を使うそうで「遣唐使ならぬ検討使」と
揶揄する人もいるとか。何をどう検討するのかには
言及しませんでしたが、大阪では吉村知事が大阪
関西万博を視野にライドシェアの意向を表明。
神奈川県の黒岩破廉知事はすでに検討会議を開催
しており「タクシー業界と一緒になって作れば
新たなモデルになるのではないか」などと発言され
ています。テレビでも「ライドシェア推進に向けて
タクシー会社黙っとけ。という進め方をすると前に
進まない」と発言している場面を直接見ました。

利用者、運輸局、大小、都市部郡部タクシー会社、
労働組合、著名人など立場によって様々な意見が
飛び交っているような感があり、とくに賛成・反対
といった趣旨の議論ではどうも噛み合っていない
ように見えます。賛成派「便利、海外普及している
のになぜ日本に無いのか」反対派「不安、タクシー
事業に大打撃」といった具体性に欠けるものと
なっています。法律や制度論としては合理的根拠が
必要であり、何よりも現行のタクシー事業において
課されている規制のように「国民の生命安全を十分
守ることができるか」をライドシェアの設計思想の
第一とするべきです。

ライドシェアが現行のタクシーと全く同じサービス
を提供するのであれば、両者には同等の規制を課さ
ねばなりません。サッカーの試合でライドシェア
チームが手も使えるようなことがあっては不公平の
極みです。私は、95%以上の個人タクシーがインボ
イス制度により消費税を払い、法人タクシーは正規
社員の雇用創出と多種多様多額の税金を納めている
なか、脱税搾取が横行するギグ(単発)ワークを増
やすことは長期的に見ると国力の衰退にもなると考
えます。少子高齢晩婚化が日本の最大課題であり、
その他課題が山積する課題先進国においてライドシ
ェア課題は優先順位も高くないうえ、まず国土交通
省や業界幹部が全力を尽くして、迅速に、現行タク
シーの輸送力増強する制度設計をするべきです。
勝手に何となくライドシェアが始まってしまった国
はすべて失敗となり、紆余曲折により現在のカタチ
となっています。

ライドシェアは交通事故や性犯罪が多いのかについ
ては、以前のブログで「自分の子どもをアプリ会社
にしか登録していない、第一種免許で自家用車しか
運転したことのない、見知らぬ男性がアルバイト
感覚で運転するライドシェアに乗せることができま
すか?」と書きました。
米国でライドシェア関連の性犯罪はコロナ禍におい
も年間6.5億回の輸送のうち約1,000件発生
(コロナ前は年間3,000件)しました。
同じ条件で比較したときの日本のタクシーの性犯罪
は年間19件です。交通事故死者数は米国Uberが
年間42人、日本のタクシーは16人となっています。
犯罪率が高い国と低い国では、比較にならないと
おっしゃる方はそれはその考えで良いと思います。
でも、火災保険に入りますよね?振り込め詐欺、
今は自分事のように捉える人も増えてきました。
日本人は福島原発事故のような大きな災害被害に
ついては危機意識を持つことが苦手で、いざ災害
被害が起きれば想定外で済ましてしまいます。

ライドシェア導入については、まずはタクシーに
できることをすべてさせてみることです。
どうもタクシーではできないということであれば、
現時点では運転技術や健康管理、車両管理や事故
補償等について、一定の規制(現行タクシー同等)
をかけて、地域や時間を限定することが制度論と
しては妥当であると考えます。

最近私個人的なニュースとしては、プロ囲碁界の
プリンセス仲邑菫が「より高いレベルの環境で
勉強することが今の私には必要」として韓国棋院
に移籍するという益々応援したくなるニュース。
日本の微笑みプリンセス佳子さまがペルー訪問で
公務だけでなく自ら滞在を楽しんでおられる、
心温まるニュース、阪神タイガースのアレのアレ
など今回のブログではタクシーとあまり関係の
ないことを書くつもりでしたが、ライドシェア
のことで長くなりましたので、ここで一旦筆を
置きます。お読みいただき有難うございました。

一覧に戻る

あなたにおすすめのブログ

猛暑が人類に与える悪影響の多々
2024/07/10
スタッフブログ
海について考察
2024/07/08
スタッフブログ
NRSドライバー体験
2024/07/01
社長ブログ